image

文字

文字 文字名 音価 IPA表記 hola
A a a アー [aː]
Ă ă á [a]
 â [ə][ɜ]
B b bê, bờ [ɓ][ʔb] (入破音)
C c xê, cờ [k]
D d dê, dờ [z], 南: [j]
Đ đ đê, đờ [ɗ][ʔd] (入破音)
E e e [ɛ]
Ê ê ê [e]
G g giê, gờ [ɣ]
[ʒ] (前母音字 i, ê, e の前)
H h hờ, hắt [h]
I i i ngắn [i]
K k ca [k]
L l e-lờ, lờ [l]
M m em-mờ, mờ [m]
N n en-nờ, nờ [n]
O o o [ɔ]
Ô ô ô [o]
Ơ ơ ơ オー [əː][ɜː]
P p pê, pờ [p]
Q q quy, quờ クィー [k]
R r e-rờ, rờ [z], 南: [ʐ][ɹ]
S s ét-sì, sờ [s], 南: [ʂ]
T t tê, tờ [t]
U u u [u]
Ư ư ư [ɯ]
V v vê, vờ ヴァ [v], 南: [j]
X x ích-xì, xờ [s]
Y y i dài, i-cờ-rét イー [iː]

ベトナム語

中国の支配を受けていたため、ベトナムの古典や歴史的な記録の多くは漢文で書かれている。現代語をみても、辞書に載っている単語の 70% 以上が漢字語であり、漢字表記が可能である。対応する漢字が無い語については、古壮字などと同じく、漢字を応用した独自の文字 Chữ Nôm(チュノム,字喃)を作り、漢字と交ぜ書きをすることが行われた。しかし、1919年科挙廃止、1945年阮朝滅亡とベトナム民主共和国の成立などをへて漢字やチュノムは一般には使用されなくなった。公式な漢字の廃止は1954年であり、南北に分断したこの年にベトナム民主共和国紙幣における漢字使用は廃止されている。

これに取って代わったものは、17世紀カトリック宣教師アレクサンドル・ドゥ・ロードが考案し、フランスの植民地化以降普及したローマ字表記「クォックグー(Quốc ngữ、国語)」であった。植民地期にはクォックグーはフランスによる「文明化」の象徴として「フランス人からの贈り物」と呼ばれたが、独立運動を推進した民族主義者はすべてクォックグーによる自己形成を遂げたため、不便性と非効率性を理由にして漢字やチュノム文は排除され、クォックグーが独立後のベトナム語の正式な表記法となった。

page top